髙橋良彰建築研究所ブログ


by yoshikenarchi

週末は

新潟市内で初雪。スノータイヤの交換はなんとかギリギリ間に合いました101.png

タイヤ交換したてで長岡へ。住宅の見学会へ訪問。早川徹さん設計・丸正建設さん施工の住宅。作り手の人柄が出ているような、温かい雰囲気の家で素敵でした。ついつい長いしてしまいました。
良質な建築に出会うとワクワクがとまらなくなるのは職業病?じゃなくて純粋に建築が好きだから。同業者の方へのジェラシーより楽しさがはるかに勝っちゃう。こんな設計の考え方思いつかなかったわ~、スゴイ!って感じ。 

ありがとうございました110.png





[PR]
# by yoshikenarchi | 2018-12-10 00:01 | Comments(0)

今年は早めに

インフルエンザの予防接種を受けてきました。
皮膚科でも打ってくれるところあるんですね~

                   
e0383176_23411364.jpg

[PR]
# by yoshikenarchi | 2018-11-29 23:41 | Comments(0)

紅葉

紅葉を見に中野邸記念館へ行ってきました101.png
e0383176_23354789.jpg
中野邸記念館は新潟市秋葉区金津の山の中にあります。日本の石油王と言われた中野貫一氏の邸宅・庭園です。
e0383176_23360101.jpg
 以前に”中野家四代”という本の装丁のお仕事をさせていただいたことがあります。
e0383176_23355639.jpg
以前にも何度か伺ったことがありましたが、実は紅葉の時期に来たのは今回が初めてでした125.png
e0383176_23355266.jpg
とっても広いお庭(というか山!)なので様々な紅葉の風景を楽しめました。

[PR]
# by yoshikenarchi | 2018-11-19 23:46 | Comments(0)

出雲崎の妻入り町家へ

先週、出雲崎・北国街道沿いの町家:旧津山家住宅を訪れました。
e0383176_23263117.jpg
今回で最後となる、ヘリテージマネージャー・ステップアップ講座の現地実習に参加。

北国街道沿いの妻入り屋根の町家建築は、全国的にも有名で、本などで目にすることはあったけれど実物を内観するのは初めてでした101.png
e0383176_23281325.jpg
                      △道際はもともとは雁木になっていたそう。
e0383176_23273992.jpg
                      △中に入ってすぐに目に入ったのは板のシャッター
                      
e0383176_23275330.jpg
                      △この板、鴨居の裏に収納できちゃう仕掛けに146.png
e0383176_23403620.jpg
                      △こんな感じ。
e0383176_23281753.jpg
                      △町家の通り土間から2階個室へのびる階段。吹き抜けの上部横からハイサイドライトで建物内部の採光を確保。
e0383176_23280593.jpg
                      △この箱階段かわいい110.png この階段でしか行けない2階個室はまさかの計16帖の大空間!


この住宅、現在は出雲崎町が所有しており、今後の活用方法を模索している最中。その途中経過として、耐震補強の検討を先行して進めているのだそう。
新潟を代表する建築群である、旧北国街道沿いの妻入りの町家の街並は新潟の宝の一つだと思う。この街並も、建替えなどが目立ち、意識して残していかなければいずれは消えてしまう風景です。
e0383176_00124419.jpg
    


[PR]
# by yoshikenarchi | 2018-11-17 00:14 | Comments(0)

ライフスタイル

今、日本では”共働き世帯”が急速に増加していて、それと同時に専業主婦世帯が減少している。そんな記事を目にした。
(2000年~2016年 専業主婦世帯235万世帯減少。共働き世帯206万世帯増加。共働き世帯は2010年以降は年間24万世帯増のペースで増え続けている。)

そうでしょうね~。

だって自分のまわりの人みんな共働きだもの。

今更そんな情報いるの?なんて思ったりもする。

けれど、こう数字で目にすると時代として劇的に変化しているのだなあ、と実感もする。


住宅建築から、この時代の変化による影響を考えてみる。

うん、夫婦とも日中家にいない時間多いなあ。

夫婦とも日中家にいないとなると、夫と妻の家にいる時間の差が少ないってこと。

イクメンって言葉が浸透しているけれど、子育てや家事の分担も夫と妻で差が少なくなってきている。

収入面では共働きだから余裕がある、、、のかな?これはいろいろ個人差ありそう。

新潟で家を建てる年齢層は20~30代が多いのだけれど、家にステータス(人からスゴイと思われたい)を求める家庭は少ないように思う。

むしろ自分たちがいかに暮らしを楽しめるか。そのことが大事。

それは忙しい毎日の限られた”我が家での時間”をよりエンジョイしたいという欲求かな。

暮らしをより楽しめる住まい。+ 一過性ではなく末永く愛される住まいづくり。今、目指す住宅建築です 101.png






[PR]
# by yoshikenarchi | 2018-11-09 00:07 | Comments(0)