高橋良彰建築研究所ブログ


by yoshikenarchi

ここのところ、住宅の塀について考えています。

街を歩いて廻ると、塀ってコンクリートブロック積のものがとても多いことに気が付きます。

その他は鉄筋コンクリート+ブロック積、木造、アルミの既製品フェンスなど。

昨年、コンクリートブロック積の塀が倒れた事故がありましたよね。それによって、コンクリートブロック積は危険!と思われている方も多いかもしれません。
ちゃんと設計のルールを守れば問題ないのですけどね。

高さ2M弱の塀の設計。

すべて鉄筋コンクリートで塀を造ろうとすると、塀自体の荷重が大きくなり、転倒を防ぐために基礎がとても大きくなります。ちょっとやりすぎじゃない?と思われるぐらいに。

塀自体を軽くするために、コンクリートブロックを一部用います。そうすると基礎もスリムになっていきます。


また、木造でつくること考えてみます。

木でつくる上で防ぎたいことは腐ること。

腐らないためには水が溜まる箇所をなくすこと。

まずは足元の検討。横架材の水勾配。

そして当然、転倒を防ぐための構造の検討。

外見も内見も美しく。


素敵な塀ができるようがんばってます101.png






# by yoshikenarchi | 2019-02-19 23:37 | Comments(0)

京都へ

町屋改修の打ち合わせで京都へ行って来ました。


夜は吉田神社(京都大学近く)で”節分祭”が行われていたので参加してきました101.png



e0383176_15224018.jpg
       △本格的な赤鬼!
e0383176_15224847.jpg
       △火炉祭(火の塊はすべてお札やお守りなど)物凄い迫力!




# by yoshikenarchi | 2019-02-06 15:30 | Comments(0)

年賀ハガキ

今年のお年玉年賀ハガキの結果は、、、




3等 お年玉切手シート 1枚 当選! でした。



年賀状をくださった皆様ありがとうございました110.png

# by yoshikenarchi | 2019-01-23 15:50 | Comments(0)

ヨシ研の仕事

当事務所でいままでにお仕事させていただいた建主の方々は60歳代以上の割合が80%近いんです。

設計の過程では、建主の方の人柄、好み、生活スタイルなどを考慮して進めていきます。

なので、当事務所のHPの”works ”を見ていただくと分かりますが、今どきのパリッとしたデザインの仕事ではないです。

いままでお受けした建主の方の生活にそういったデザインは必要ないと考えたから。

(もちろん、今後、建主の方との出会いでパリッとした住まいがお似合いだと考えればそういった仕事もします。)

僕よりも人生経験が長く、目の肥えた方々に何を提供すべきか。それはその方のライフスタイルに寄り添うような場を提供することだと考えています。

そんな仕事がヨシ研の”手触りのいい仕事”です110.png





# by yoshikenarchi | 2019-01-20 21:26 | Comments(0)
本年も宜しくお願い申し上げます

正月は事務所近くの神社にて、家族と事務所それぞれ御祈祷していただき
今年も1年がんばろう!、と気持ちも新たにしました。

神社でのくじ引きは ”吉”。  仕事運は ”少しずつ認められます。地道に” とあり。
なんだか自分にしっくりくるなあ、と思い、結ばず持ち帰りました。

今年も一年、一つ一つの仕事を丁寧に。 ”手触りのいい仕事” をしていきます。

# by yoshikenarchi | 2019-01-11 22:45 | Comments(0)